美GENE詳細はこちら

美容液でのスキンケア

 

女性雑誌でも、よく特集をくまれるものに「美容液」があります。
美容液は化粧品の中でも保湿や美白などのほかに、アンチエイジングやリフトアップの効果を付け足してくれる高濃度エッセンスです。
上手に選べば、自分の肌の悩みに特化した効果が期待できるでしょう。

 

美容液を購入したら、メーカーの説明書をきちんと読んでください。
使う順番は、基本的には化粧水の後、乳液の前ですが、何に効果があるかで、使用方法が違うことがあります。(角質除去と栄養補給では目的が違うでしょう?)
初めて美容液を使うという場合、自分がいつも使用しているスキンケア化粧品のラインやメーカーでそろえるのもいいでしょう。

 

美容液といえば、化粧品アイテムの中でも高価なものです。
購入しても、もったいないからとけちけちした使い方では、効果はイマイチのようです。
大量にざばざば使えというのではありませんが、自分の肌に悩みがあれば、それにあわせたものを探し、比較し、選択して、購入し、適量を守った使い方をするようにしましょう。

 

 

【最近はやりの美容液】
「プラチナエッセンス」もしくは「白金ナノコロイド」という言葉を、よく耳にしませんか。
これを含んだ美容液が今、話題になっています。
肌の新陳代謝を高め、紫外線から肌を守ってくれる効果があります。
乾燥はもちろん。肌のつや、はりを出し、キメを整えてくれます。
これは、ナノサイズのプラチナが水の分子を取り囲んで、肌の水分の調和をとってくれるのだそうです。
効果が期待できそうですね。

 

保湿とスキンケア

もともとが敏感肌でなくても、春先や秋口の季節の変わり目に、敏感肌になる人が増えていきます。これは、どんな肌質にも起こり得ることです。

 

何故でしょう?
それは、人間の顔の血液量が季節の変わり目に変化するためです。
顔の血液量は、春分の日あたりから下がり始め、秋分の日あたりから増えていこうとします。暖かくなると、体を冷やそうとし、寒くなると、体を温めようとする人間にそなわった機能ですね。

 

しかし、この血液の量の増減とと気温にズレが生じたとき、敏感肌というトラブルが起きることがあるのです。肌のバリア機能が落ちてしまい、乾燥肌・敏感肌に悩まれることになります。

 

肌のバリア機能は、角質層が担っています。
この角質層を化粧品で保湿し、うるおすことが、この敏感肌に対応するスキンケアということになります。
角質層がセラミド(細部間脂質)でうるおされている状態が正常な肌なのです。
乾いた肌をうるおすスキンケアを心がけましょう。

 

 

 

どんな化粧品を選べばよいか?

セラミド入りの化粧品はうるおいを与えるだけでなく、肌の保湿力を高める働きもあります。

また、天然水ベースのものは体の水に近いので、浸透力があり、肌がうるおうことでしょう。(最近は持ち歩きに便利なミニボトルやスプレータイプの物、有名なミネラルウォーターで作った化粧水も出ていますね)自分で直接手にとって選んでみてください。
保湿目的のパックをするのもいいでしょうね。
冬の乾燥に備えましょう。

保湿は自分の肌感覚でコントロール

肌自身のうるおいと、化粧品による保湿とで、何をどのように使って保湿すればよいか、迷うところです。
セラミド入りの化粧品は、生体内の水をポンプのように引き上げるので、うるおいを与えるだけでなく、保湿力を高める働きもあります。
うるおいが十分満たされていると感じられる時は、軽い化粧水程度で保湿するとよいです。
天然水ベースのものは生体内の水に近いので、浸透力があります。
また、軽いマッサージなども新陳代謝を促すのにはいい方法です。
いずれにせよ、自分の肌とよく相談して、使う化粧品をセレクトするようにしてください。

 

 

 

スキンケア見直しですっぴん美人

メイクして外出するのがマナーになっている方もおられるかも。
素肌にツヤがあり、「すっぴんで出歩けるわ」という人がうらやましいです。
「肌がきれいですね」と言われる美肌作りに取り組みましょう。

 

高価な化粧品をそろえて使っているのに、効果が出ない。
毎日きちんと スキンケア しているのに乾燥していて肌のハリ、ツヤも無いという方は、化粧品の適量や順番・肌質があってないかもしれません。
効果の高いブランド物を購入しても、使用方法が正しくなければ、効果は半分以下になってしまうといいます。

 

例えば順番。
たいていのスキンケアの順番は、化粧水でたっぷりと水分を与えて、肌の栄養分を補充します。美容液でさらに保湿・必要成分を与え、最後に油分を含んだ乳液またはクリームを使って肌の水分、栄養分を逃がさないように蓋をするというのが多いです。
しかし、化粧水、クリームの後に美容液を使用している方が結構いらっしゃるようです。
クリームの後の美容液は、クリームの油分が顔の皮膚の上に膜を張り、蓋をしてしまった後に美容液を重ねることになります。それでは、必要な成分が充分に浸透することを妨げてしまうことになります。

 

また、洗顔方法が基本に忠実か。習慣になって、おざなりになっていないか。
スキンケアに使っている用品が、自分にあっているか。
スポンジやケア用品が、使用頻度が過ぎて劣化してないか。
日を決めて見直しましょう。

 

スキンケアは毎日の繰り返しです。見直せば、すっぴん肌に近づいていきますよ。

 

 

 

毎日の正しいスキンケア

美肌の基本…まずは肌の余分なものを落とすこと。
自分の手をきれいに洗いましょう。
洗顔は2段階。クレンジングと洗顔になります。

 

念入りなクレンジングでメイクを落としましょう。
ファンデーションを長時間付けていると、肌荒れの原因になります。
内側から外側に向かって指に力を入れすぎないように注意し、汚れが浮き上がってきたら洗い流します。

 

次に、洗顔料を使ってクレンジング剤の油分や界面活性剤をしっかり洗い流します。
たっぷりの泡で、クレンジングと同じように内側から外側に向かってクルクル円をえがくように包み込んで洗います。
洗い残しのないよう、ぬるま湯でしっかり洗い流します。
最後の冷水を使うと、毛穴が引き締まります。

 

洗顔後は、自分の肌質にあった化粧水をたっぷりと使って補ってあげましょう。
目の周辺や口元のなどの乾燥が特に気になるときは、繰り返しつけましょう。
手のひらに肌がすいつくような感触が、補われた目安になります。

 

化粧水で保湿したら、乳液で水分の蒸発を防ぎます。
顔に適量の乳液を置き、マッサージするようにすべらせていきます。
乳液は化粧水に比べて変質しやすいため、保存料や酸化防止剤が含まれています。
出しすぎた乳液を容器に戻すなんてことはしてはいけません。
清潔に保つようにしてください。
肌のカサつきがひどい時や冬期などは、乳液のあとにクリームで油分を補うと乾燥が防げます。
反対に、脂性肌の人があっても、目や口の周りなど乾燥して小ジワのできやすい部分には、さっぱりタイプの乳液を選び、水分の蒸発を防ぎましょう。